[ソーシャル書誌DB]ソーシャル書誌データベースのかたち

[ソーシャル書誌DB]ソーシャル書誌データベースのかたち - TODO

本棚系

ブックマーク系

オンライン書店系

はてなのASINページとかblogmapのメディア情報ページとかもある意味これに近い


ほしい機能

  • 蔵書管理(個人領域)
    • 欲しいものをメモする/買う/売る等の管理
  • 分類(共同作業)
    • ユーザーがタグを使って本を分類する(リストマニアもひとつの形…ただし共有しにくい)
  • 書評・感想(個人領域/トラックバックセンター/他薦)
    • 自分の感想を管理する・見せる(トラックバックセンター)+人の感想を捕捉する(←ブックマーク要素導入の可能性)
  • アフィリエイト(オンライン書店リンク)
    • 本自体の検索とか書影とか基本的な書誌情報はこういう提携がないとほぼ不可能
  • 連想機能
    • 似たようなものを提案する機能。アマゾンの類似商品とかWebcat Plusとか新書マップとかはてなのおとなり日記みたいなもの

今のところ上記の全部を上手い具合に満たすサービスがないので使い分けてるけど、そもそもこういうのはひとつのプラットホームでできるのが本来では。気になった本をブクマしておいて、オンライン書店で注文し、本棚サービスで管理して、感想はブログに書くとか無駄な労力が多すぎる。図書館五原則じゃないが、「利用者の時間を節約せよ!」だ。

しかしこれらを上手く統合して、ひとり勝ち状態になるとtask:2:19みたいなことになる憂鬱。

関連記事

[Good Job!]