MultiSynapse このページをアンテナに追加 RSSフィード

リスト作成グループ管理者id:Hebiの日記。
ぽつぽつリストを作りながら、はてなまわりのいろいろなことなんかも書いてたのが、リスト要素がはてなブックマーク 緑陰クリップでほぼ代用できるようになってしまったので、はてなブックマークであつめた情報についてまとめ記事を書く場所と化しています。
id:Hebi:about/ 24d/ a/ b/ d/ f/ i/ グループ:BookSynapse/MultiSynapse/あしか: Hebiのひとり断片部

 | 

2006/06/22 (木)

ナンシー小関本城直季ミニチュア加工写真 ナンシー小関と本城直季風ミニチュア加工写真 - MultiSynapse を含むブックマーク はてなブックマーク - ナンシー小関と本城直季風ミニチュア加工写真 - MultiSynapse ナンシー小関と本城直季風ミニチュア加工写真 - MultiSynapse のブックマークコメント

ナンシー関風の消しゴムはんこ風作品を作る「ナンシー小関」さんに関するエントリはてなブックマーク - キーワード「ナンシー小関」を含む人気エントリー)を読んでいて、とっさに連想したのはいくつかのサイトで試みられていた本城直季ミニチュア加工写真のことでした。(はてなブックマーク - キーワード「本城直季」を含む人気エントリー

私は消しゴム版画やミニチュア写真などのエポックメイキングな技法・手法が、人気が出た結果として模倣され、浸透していくのは自然なことだと思います。簡単に言うと、ナンシー小関本城直季写真もありだろう、と思っています。

でも、ナンシー小関作品と本城直季ミニチュア加工写真の受容のされ方が、なぜこれほどまでに(上記の記事群につけられたブクマコメントを参照のこと)違うのか、というところが気になります。

それぞれに反応している人が重なっているか厳密に調べていないので、「同じ人が、この両者に違う態度をとっているかどうか」を云々したいわけではなく、大勢が肯定的か、否定的かの印象でしかないのですが、どうしてこういう違いが出るのか、気になります。

なぜ人は魅力的なものを模倣するのか、その模倣行為に対して好悪に反応が分かれるのはなぜなのか、これといった結論は出ていません。


関連ブクマタグ

緑陰クリップ > [模倣と剽窃]

真実一路真実一路2006/12/02 20:23本城直季君の手法は海外では色んな写真家(Olivo barbieri氏, Marc Rader氏, Tom Merilion氏等)が昔からやっていて、日本ではあまり知られていないのでバレないと思っていたらしい。

トラックバック - http://list.g.hatena.ne.jp/Hebi/20060622
 | 
2005 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 12 |
2007 | 01 |
自薦過去記事
メモツールとして「あしか」を活用してみる
はてなブックマークで「テーマタグ」のすすめ
はてなブックマークを使い倒した1年を振り返る
はてなブックマークのタグを並べ替えたい理由(「知的生産のための道具」への道)
理想の絵描き向けブログ
『ウェブ進化論』の悲観的な読書メモ
はてなRSSに手が出ない理由
プロフィール画像の便利なところと不便なところ
「選べてしまう、ということ」をめぐって(はてな公聴会第2回前夜に)

過去の記事見出し一覧

カウンター
328203