MultiSynapse このページをアンテナに追加 RSSフィード

リスト作成グループ管理者id:Hebiの日記。
ぽつぽつリストを作りながら、はてなまわりのいろいろなことなんかも書いてたのが、リスト要素がはてなブックマーク 緑陰クリップでほぼ代用できるようになってしまったので、はてなブックマークであつめた情報についてまとめ記事を書く場所と化しています。
id:Hebi:about/ 24d/ a/ b/ d/ f/ i/ グループ:BookSynapse/MultiSynapse/あしか: Hebiのひとり断片部

 | 

2006/06/22 (木)

ナンシー小関本城直季ミニチュア加工写真 ナンシー小関と本城直季風ミニチュア加工写真 - MultiSynapse を含むブックマーク はてなブックマーク - ナンシー小関と本城直季風ミニチュア加工写真 - MultiSynapse ナンシー小関と本城直季風ミニチュア加工写真 - MultiSynapse のブックマークコメント

ナンシー関風の消しゴムはんこ風作品を作る「ナンシー小関」さんに関するエントリはてなブックマーク - キーワード「ナンシー小関」を含む人気エントリー)を読んでいて、とっさに連想したのはいくつかのサイトで試みられていた本城直季ミニチュア加工写真のことでした。(はてなブックマーク - キーワード「本城直季」を含む人気エントリー

私は消しゴム版画やミニチュア写真などのエポックメイキングな技法・手法が、人気が出た結果として模倣され、浸透していくのは自然なことだと思います。簡単に言うと、ナンシー小関本城直季写真もありだろう、と思っています。

でも、ナンシー小関作品と本城直季ミニチュア加工写真の受容のされ方が、なぜこれほどまでに(上記の記事群につけられたブクマコメントを参照のこと)違うのか、というところが気になります。

それぞれに反応している人が重なっているか厳密に調べていないので、「同じ人が、この両者に違う態度をとっているかどうか」を云々したいわけではなく、大勢が肯定的か、否定的かの印象でしかないのですが、どうしてこういう違いが出るのか、気になります。

なぜ人は魅力的なものを模倣するのか、その模倣行為に対して好悪に反応が分かれるのはなぜなのか、これといった結論は出ていません。


関連ブクマタグ

緑陰クリップ > [模倣と剽窃]

真実一路真実一路2006/12/02 20:23本城直季君の手法は海外では色んな写真家(Olivo barbieri氏, Marc Rader氏, Tom Merilion氏等)が昔からやっていて、日本ではあまり知られていないのでバレないと思っていたらしい。

トラックバック - http://list.g.hatena.ne.jp/Hebi/20060622

2006/06/10 (土)

ブログには書けないこと」とスレ紹介ブログ 「ブログには書けないこと」とスレ紹介ブログ - MultiSynapse を含むブックマーク はてなブックマーク - 「ブログには書けないこと」とスレ紹介ブログ - MultiSynapse 「ブログには書けないこと」とスレ紹介ブログ - MultiSynapse のブックマークコメント

このところ今までとは少し趣の違う仕事をしていて、思いもかけない目にあったり、それがもっと思いもかけない方法で片づいたりしているのを、どこかに書いておきたいなぁと思う。

でも、個人が特定されないように抽象化して書いたら伝わらないし、具体的に書けば支障があるしで、結局公の場には何も書けずにプライベート日記に書き殴って終わってしまう。

悩んでいるとか、解決法を模索しているというのではなくて、世の中にはこういうこともあるんですねというだけの話なので、だいたい状況が分かっている身近な人には今更話す気にはならない。言うなれば、5年くらい前の自分に(たぶん全然分からないとは思うんだけど)話してやりたい類のことなので、ここはじっと口をつぐんで、いつか後輩が似たような状況に陥った時に話してやればいいのかもしれない。

それでもあえてこういう種類の文章を書くとしたなら、行き場はたぶん匿名掲示板になるんだろうなと思っていた。話題をひとつに絞った投稿なら、ブログのようにいくつもの記事が積み重なって条件絞り込みで個人特定、という事態は避けられるので、状況説明のための必要最低限の情報ですむ。別に内部告発とかつるしあげをしようというのではなく、もっと日常的でささいな、でもめったに口に出しては語られないこと、こういうことを誰かに話して欲しかったなということを緩やかに共有する場として、匿名掲示板があり、その中でも特に多くの人の関心をひくものが、ブログ転載されるという情報伝達の経路をどこかで期待して過ごしてきた。

それがITmedia News:2ちゃんネタは誰のもの? スレ紹介ブログの閉鎖相次ぐのあおりで掲示板の記事の転載が難しくなった。(参考→犬が眠った日 : 2ちゃんねるの書き込み規約変更

実際にかつてこの手のサイトで知って、ブックマークしていた記事も読めなくなっている。

ボトルメールを流すための海はずいぶん狭くなってしまったなぁと思う。ブログでいいじゃないかとおっしゃる向きもあるだろうけれど、ブログの記事は連なっている。ボトルメールはひもでつながっていたりはしない。

いよいよ複数人編集ブログの出番だろうか。【週刊はてな塾】第三十一号 みんなでブログを共有しよう!複数人編集ブログ! の巻

トラックバック - http://list.g.hatena.ne.jp/Hebi/20060610

2006/06/09 (金)

[]早起きのための手段としてネットをする 早起きのための手段としてネットをする - MultiSynapse を含むブックマーク はてなブックマーク - 早起きのための手段としてネットをする - MultiSynapse 早起きのための手段としてネットをする - MultiSynapse のブックマークコメント

kercの日記 - はてなブックマーカーよ、早起きしろや。を読みました。

早起きをつづけてはや幾年、ネット中毒者*1にとって、早起きは「するだけ」ならきわめて簡単だというのが私の結論です。パソコンモニターはまぶしいものなので、朝起きてすぐネットをするだけで早起き習慣になります。(起きるためのノウハウ人力検索で「早起き」を検索(http://q.hatena.ne.jp/list?word=%E6%97%A9%E8%B5%B7%E3%81%8D)でいくらでも出てきます)

でも人が「早起きしたい」と思うのは「早起きして何か自分の役に立つことをしたい」からです。決してだらだらネットをするためではありません。「自分の役に立つこと」というのはたいてい、気が進まないことです。ジョギング勉強仕事等々…。

早起きできない人が、ふだんやろうと思っていてもなかなかできないことを、早起きしてすぐやろうと思うのは一度にふたつの難しいことをやろうとしているわけで、どう考えても無理です。絶対三日坊主に終わります。

だから、まずやめようと思ってもついだらだらやってしまいがちなネットを朝の時間帯に持ってきます。ふだんやっていること(好きなこと)なら簡単です。23時から25時までのネット時間を5時から7時に移すのはたいしたことではありません。あとはこれをひたすら続けることです。

そして早起き習慣化してきた頃、早起きしたらやりたいと思っていたことをはじめます。それはきっとネットよりはハードルが高いことなので、たぶんまた早起きが苦痛になります。しかしここでくじけて寝すごしたらいままでの苦労が水の泡。ダメだと思ったら、まただらだら朝ネットに戻ります。これで朝型の習慣だけは守れます。

私は未だにこの段階でえんえんと一進一退を繰り返していますが、とりあえず早起きだけは続けられています。朝ご飯がちゃんと食べられるとか、朝の支度に時間をかけられるとか、出勤時間でリミットが決まっているのでネットしすぎないで済むという、いろいろな副次的なメリットも享受できるので、どうせ同じ時間やるなら朝ネットおすすめです。

早起きは「するだけ」なら簡単なことなのです。

起床時間

*1:ただしネット中毒の中でも、オンラインゲームのような他の人と同じ時間帯にログインする必要があるタイプのものはこの方法に向きません。

トラックバック - http://list.g.hatena.ne.jp/Hebi/20060609
 | 
2005 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 12 |
2007 | 01 |
自薦過去記事
メモツールとして「あしか」を活用してみる
はてなブックマークで「テーマタグ」のすすめ
はてなブックマークを使い倒した1年を振り返る
はてなブックマークのタグを並べ替えたい理由(「知的生産のための道具」への道)
理想の絵描き向けブログ
『ウェブ進化論』の悲観的な読書メモ
はてなRSSに手が出ない理由
プロフィール画像の便利なところと不便なところ
「選べてしまう、ということ」をめぐって(はてな公聴会第2回前夜に)

過去の記事見出し一覧

カウンター
337640