MultiSynapse このページをアンテナに追加 RSSフィード

リスト作成グループ管理者id:Hebiの日記。
ぽつぽつリストを作りながら、はてなまわりのいろいろなことなんかも書いてたのが、リスト要素がはてなブックマーク 緑陰クリップでほぼ代用できるようになってしまったので、はてなブックマークであつめた情報についてまとめ記事を書く場所と化しています。
id:Hebi:about/ 24d/ a/ b/ d/ f/ i/ グループ:BookSynapse/MultiSynapse/あしか: Hebiのひとり断片部

 | 

2006/02/13 (月)

[][]『ウェブ進化論』の悲観的な読書メモ 『ウェブ進化論』の悲観的な読書メモ - MultiSynapse を含むブックマーク はてなブックマーク - 『ウェブ進化論』の悲観的な読書メモ - MultiSynapse 『ウェブ進化論』の悲観的な読書メモ - MultiSynapse のブックマークコメント

梅田望夫ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる』ISBN:4480062858を読みながら、その半ば強引なまでのオプティミズムに対して、かなり意図的に悲観的な読書メモをとりました。基本的なスタンス圏外からのひとこと 避難所 - 「産業構造」の中の人、必死だなwでいうところの中の人的なものです。日々Web2.0的なものの恩恵を公私にわたって受けながら、その行く先にいまいち明るい光を見いだせずにいるひっかかりの数々がだらだら書いてあります。

読みながら、本の1行ごとにパーマリンクがつく時代もそのうち来るんだろうと思ったので*1、印象に残った部分をピックアップして思いついたことを書くブックマーク的な形式にしてあります。できるだけ引用部分より自分の記述が多くなるようにしました。既知の納得できる部分はとばしたので本の要約にはなっていません。Web上の話題をブクマで追いながら、ずっと考え続けているトピックに接続する部分がすごく多いと思ったので、そのリンクもなるべくたくさん入れてあります。

凡例 >が引用/■が私のメモ/◆が他の人への参照リンク/[ ]でくくったのは緑陰クリップタグ

目次

序章 ウェブ社会―本当の大変化はこれから始まる →『ウェブ進化論』読書メモ(0/6)

第1章 「革命」であることの真の意味 →『ウェブ進化論』読書メモ(1/6)

第2章 グーグル―知の世界を再編成する →『ウェブ進化論』読書メモ(2/6)

第3章 ロングテールWeb2.0 →『ウェブ進化論』読書メモ(3/6)

第4章 ブログ総表現社会 →『ウェブ進化論』読書メモ(4/6)

第5章 オープンソース現象とマス・コラボレーション →『ウェブ進化論』読書メモ(5/6)

第6章 ウェブ進化は世代交代によって →『ウェブ進化論』読書メモ(6/6)

終章 脱エスタブリッシュメントへの旅立ち →同上


後記

こういう「本の趣旨に反した悲観的メモ」を書いた動機として、『ウェブ進化論』の周辺で交わされる楽観・悲観という言葉がもっぱら「こちら側」が「あちら側」にどのくらいの確度で移行するかに向けられていることへの違和感があります。

メモの中で「大変化」の結果として生じるであろう格差や一極集中執拗に指摘していますが、世界中の人たちが物理精神的に同じ条件で生きられるとも生きるべきとも思っていないし、あらゆる人がそのための努力をすべきだとは思いません(して欲しいとは思いますが)。でも、あたらしいパラダイムへの移行の結果として不合理や不平等が拡大するのではパラダイム転換の意味がないとも思います。

私の懸念のおおくは先走りすぎていると同時に時代錯誤なものです。それは私が「あちら側」と「こちら側」のせめぎ合いの点よりはるか後方に(というか、いま主流の産業構造によってとっくに壁際に追いつめられた点に)いるからです。具体的には終身雇用年功序列的な時代の最後のおこぼれをちょうだいしている立場*2です。そんな場所にいると「あちら側」の可能性の大きさを示されるほど、いつの日か強大になった「あちら側」が、いま既存の産業構造が占めている場所にもっとたちの悪いものとして登場するのではないかという懸念がつのるのです。俗な言い方をすれば「期待してるみたいだけど、そっちへ行っても大部分の人が食い物にされるのは変わらないよ」という感覚です。

一方で、「あちら側」の可能性の使いかたによっては、もしかしたら「こちら側」の既存産業構造の問題点を解決できるかもしれないという期待もあって、その二つの感情(論理といえるほど整然としていない)に引き裂かれています。

この本のおかげで自分の立場も、いま現在していることも、これからとるべき複線的な行動もすこしは見えてきました。実際に行動できるかどうかは別として、「あちら側」の進路に大きな懸念を抱きつつ、これからも「あちら側」の手を借りて色々なことを考えていくのだろうと思います。

このエントリ書くのに使ったブックマークタグ

今後、このことを色々考えるためのあしかタスクtask:2:19

*1ブクマの使いすぎでブクマ脳になっていることもあって

*2:まだ下っ端なので恩恵を被るより先に制度自体がなくなるのがほぼ確実ですが

 | 
2005 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 12 |
2007 | 01 |
自薦過去記事
メモツールとして「あしか」を活用してみる
はてなブックマークで「テーマタグ」のすすめ
はてなブックマークを使い倒した1年を振り返る
はてなブックマークのタグを並べ替えたい理由(「知的生産のための道具」への道)
理想の絵描き向けブログ
『ウェブ進化論』の悲観的な読書メモ
はてなRSSに手が出ない理由
プロフィール画像の便利なところと不便なところ
「選べてしまう、ということ」をめぐって(はてな公聴会第2回前夜に)

過去の記事見出し一覧

カウンター
321611